筋トレがメンタルに与える良い影響

コラム

筋トレをすることで、メンタルに良い影響を与えてくれる理由は、脳内のいろいろなホルモンが分泌されるからです。
代表的なものは、幸福感を得ることができるドーパミン、精神安定と気分の高揚に効果があるセロトニン、向上心のテストステロンなどです。


例えば、テストステロンには、向上心の他に競争心を高める効果もあります。
失敗をしたとしても積極的に行動した結果、何かしらの経験が得られれば、「次もまたいろいろチャンレンジしてみたい」、「次こそは成功させたい」という気持ちになることができます。


このような経験を積み上げていくと、自信になっていきます。
こうして生まれた自信は、簡単に崩れることなく、あなたの人生をずっと支えていってくれるようになり、「筋トレで人生が変わった。」と言う人が増えていくわけです。
また、筋トレでうつ病が予防できるという研究結果もありますので良いことずくしです。
気持ち落ち込みやすい人は、軽いところから筋トレをしてみてくださいね。

筋トレをすることでメンタル面に与えることは5つ

気持ちが前向きになる

筋トレを行うことで、「ドーパミン」や「テストステロン」といったホルモンが分泌され、継続的にトレーニングを続けていくと、不安感やネガティブな思考が少なくなっていきます。

前向きな気持ちで新しいことにチャレンジすれば、毎日が楽しく明るい時間が増えていきます。
また、ポジティブ思考になれるので、何かあっても良い解釈で受け止められるようになります。
失敗や嫌なことがあっても、「この経験は自分を成長させた」と心から思えるようになっていきますから生きていくことが楽になっていきます。

幸福度が上がる

筋トレでエンドルフィンというホルモンが分泌されることで幸福感を得ることができるようになります。
旅行の計画を立てるときのようなワクワク感や、頑張った成果を褒められて嬉しいときのような気持ちのことで、このような気持ちが増えると嬉しいものです。
こういったホルモンの分泌による幸せな気分を、筋トレの目標や成果と結び付けるようにしてください。

睡眠の質が上がりよく眠れるようになる

筋トレをすると、睡眠の質を高くなっていきます。筋トレで体が疲労すると、睡眠の深さが高くなりよく眠れるようになっていきます。
よく眠れるようになれば、トレーニング後の筋肉がしっかりと回復できるようになります。
反対に睡眠不足になると、不安になったり、イライラしたりしやすくなったり、うつ病のリスクが高くなったりするので注意が必要ですね。
また筋トレ直後は興奮状態なので、就寝する3時間前に筋トレを終えるようにしてください。

自信が付いてくる

自信は、筋トレを継続したことによって得られた成果で生まれます。
成果は確かな裏付けとなりますから、今後の人生であなたの支えになってくれます。
成果とは、余計なお腹の脂肪が落ちる、顔がシャープになる、二の腕が細くなる、キュッとしたくびれになる腹筋がしっかりと割れる、全体的にスッキリするといったことです。
これらに加えて、若く見られるようになるというエイジング効果もあります。
また、こうした変化に対して、周りの人は肯定的に評価してれくれることが増えてきます。

ストレスが解消できる

筋トレでストレスを解消することができます。嫌なことやストレスと感じことがあればそれを筋トレにぶつけると解消されます。スッキリすることが多いと思いますが、しなかったとしても、軽減はされます。
ストレスを速やかに解消できるなら、仕事やプライベートで多少嫌なことがあっても大丈夫です。
ちょっとしたことで落ち込んだり、不安になったり、イライラしたりしても、筋トレをすることで解消できるのであれば、安心感が違います。


あなたにオススメのコラム